「自転車と旅」取材話 鹿児島編 その1 計画

残念ながら、現在休刊中となっていますが、「自転車と旅」 というムック本がありました。 自転車を使った旅「輪行」を中心に、様々な自転車旅の様子やノウハウを紹介する、とても内容のある本でした。 ご縁があって、数多くの号で、弊社製品も取り上げていただきました。 当初 […]

イヤーモデルは、イヤ

タルタルーガ自転車タイプS

一般的に多くの商品で「2018年モデル」といった イヤーモデルという概念を持ち、商品が販売されています。 パソコンやスマートフォンフォン等の市場に至っては、「2018年 夏モデル」などと、半年毎にイヤーモデル(シーズンモデル?)を更新しています。 確かに、パソ […]

Tartaruga の値段は高い?

タルタルーガ自転車タイプS生産

インターネット上等の弊社製品、特にType SPORT の評価 を見ると、商品自体に対する評価は、とてもポジティブな物が多く、多くの皆様にご支持いただいている事を、大変嬉しく思います。 対して、ネガティブな御意見として、多く見られのが「値段が高い」というご指摘 […]

「Type SPORT」誕生 その7(最終回) Type SPORTに込めた思い

タルタルーガ自転車タイプS

前回の、ハンドルとステムの話の際にも触れましたが ロードレーサーに代表される、スポーツ自転車の世界は、レースを中心とするその長い歴史の中で、もっとも効率が良いとされる、セオリーの様なものが出来上がってきました。 あくまでも、レースがベースになっているので、基本 […]

「Type SPORT」誕生 その6 REACHとの差別化 フレームデザイン、ハンドル編

タルタルーガ自転車タイプS

REACHとの、キャラクターの差別化のキーワード を、「自転車のSUV」と決め、専用の前後キャリアーのデザインと設計を進めていく過程で、デザイン的に、車両との一体感のあるキャリアーを目指した結果、フレームデザインそのものについても、細部に手を加えることにしまし […]

「Type SPORT」誕生 その4  フロントサスペンション 2

タルタルーガ自転車タイプSフロントサスペンション

アスファルトで舗装された路面からくる、細かな微振動 を吸収して、歩道と車道のスロープ部にあるような、1~2cmの段差を越える時には、ガツンと作動して衝撃を吸収する。 サスペンションの付いていない硬いフレームに、太いタイヤを履かせた様な乗り心地をめざし、フロント […]

1 3